ロッドとグリップが脱着する渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングメーカーのHitotoki Works(ヒトトキワークス)通販サイト

サンバーストガングリップ "Forty Four"

70

42,000円(税抜)

グリップ

※1 カートに商品を入れても、注文確定にたどり着く前に売り切れとなる場合があります。
※2 クレジット支払いの場合は、注文日が売り上げ確定日となります。
※3 PayPay支払の場合、事前にチャージ後にご注文をお願いします。
※4 在庫切れとなりご予約いただけなかった場合、再度入荷通知にご登録をお願いします。
※5 ご予約品のロッドと一緒にご注文された場合は、別々の発送となります。同梱を希望される場合は、注文画面の備考欄に【同梱希望】とご記載し、ご注文下さい。


ウォルナットを使用し、銃のようにエンブレムプレートを埋め込んだ手作業の部分が非常に多い新型ガングリップ。

ヒトトキワークスが追求した結果、渓流トラウト用のリアグリップの適正長さは90mm〜100mmが最適。

そしてグリップ全体の重量は100〜130gという数値がキャストのしやすさと、手首への負担がなく高い操作性を実現するための適正重量。

ヒトトキワークスではこの2つの項目は実用レベルとなる最低限クリアする項目と設定し、もちろん新型ガングリップはリアグリップ長さ92mm(全長235mm)、自重は約106gと難なくクリアしています。

さらに【握りやすさ】とトゥィッチの際の【ブレにくさ】を徹底的に追求した形状により、従来世に出ていたガングリップとは一線を画すシングルハンドル専用ガングリップの開発に成功しました。

※画像は試作品のため表面処理をしていないものとなり、実際の商品と異なります。


コーティングは、ヒトトキワークススタッフでもあるギター職人KEI氏によるウレタンによる【グロスブラウン】と、オイルフィニッシュによる西部劇に出てくる燻された酒場の扉や使い込まれたライフルをイメージした【ウエスタンブラウン】をラインナップ。



オイルフィニッシュは、ウッドの質感もあり使い込むほどに味わいが出てくるので、それを楽しむことができます。


リールシートには、サンバースト塗装を施し、個性と品のあるデザインに仕上げました。
まるで夕陽の中、馬に乗って酒場に向かうガンマンのよう。


リールシート金具、ヘッドキャップはブラックとなります。


無骨なヘッドキャップが銃口に見えなくもない?


<商品規格>
全長:235mm
自重:約106g
付属品:化粧箱

<グリップ種類>
【グロスブラウン】、【ウエスタンブラウン】から選択ください。

<商品の取り扱いについて>
シマノ製ロープロリール等の一部リールは、リールシートを締め切ってもガタが生じる場合がございますので、リールフットカバーを取り付けてガタをなくして使用ください。

ハンドル先端のヘッドキャップを緩めてロッドを奥まで差し込み、
ロッドが真っ直ぐになるようヘッドキャップを締めて固定してください



イメージはありません。

レビューはありません。