Hitotoki Works(ヒトトキワークス)通販サイト。チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツのHitotokiWorks

カスタムロッド、ロッドビルディングパーツの製造・販売

グリッドジョイントシステムのヘッダー画像

Grip Joint System

グリップジョイントシステムの画像

グリップジョイントシステムは、
チャンピオンフェルールが取付けられた
ロッドを固定できる機構

狙うターゲットや様々なエリアに合わせた
ロッドに差し替えが可能に

露骨でクラシック過ぎないデザイン性

クラシック過ぎないデザイン

様々なリールシートにマッチ

【釣り道具】から【玩具】へ

脱着式になることで、【釣り道具】から
【玩具】を所有する感覚に

釣りに行く前の準備すらも、
ただの作業から【遊び】に変わる

こだわりの品質

HAMAMATSU
Quality

ものづくりの街【浜松市】にある車や楽器、医療機器を製作する
精密金属工場が持つ世界最高の技術が加わったメイドインジャパン商品

軽量化の画像

無駄な部分を徹底的に削ぎ落し、30グラムを切るまでの軽量化に成功

軽量化により、ロッドの操作性向上と、長時間キャストと激しいロッド
アクションを繰り返しても手首への負担を減らすことに繋がります

締込強度アップの画像

設計をとことん見直すことで、高い締め込み強度を実現

トラウトやライトソルトなどのライトゲームだけでなく、
バスやソルトなどにも対応が可能

チャンピオンフェルール固定の機構

キャップを緩めると、グリップジョイントシステム内部のアーバーが開く

キャップを緩めた状態で、
フェルール付きのロッドを差し込む

グリップジョイントシステムの状態

キャップを緩めると、内蔵のアーバーは
開いた状態となります

キャップを締めると、グリップジョイントシステム内部のアーバーが閉じ、
チャンピオンフェルールをガッチリ固定してくれます

キャップを締めると、
ロッドが固定される

グリップジョイントシステムの状態

キャップを締めると、内蔵のアーバーは
閉じた状態となります

様々なチャンピオンフェルールとの固定

ヒトトキワークスオリジナルのフェルールは、グリップジョイントシステムに固定した際、フェルールの円盤部分(外径14mm)がグリップジョイントシステムの溝にピッタリとはまり込みます。

一般的に市販されている【チャンピオンフェルール】は、シャフト(掴む部分)外径が、9mm前後で設計されています。

シャフト外径が、9mm〜9.5mm程度のフェルールでしたら、他社製品でも取り付けが可能

※画像は旧型のグリップジョイントシステムですが、フェルールの固定部分に変わりはありません。

自分だけの自作グリップが製作可能

【グリップジョイントシステム】は、部品販売も行っているため、プラモデルを組み立てるように、自分のグリップを自分で簡単にロッドビルディングを楽しむことができる。

自分で作ったタックルで釣りをする喜びは、さらに釣りを楽しませてくれるはず。

カラーはブラックだけでなく、ニッケルクロムメッキを施したシルバータイプもラインナップ。

【ニッケルクロムメッキ】は、硬度と強度が優れる機能性だけでなく、青白く輝き、妖美な雰囲気まで演出してくれる。

プロショップオリジナル製品や、多くのロッドビルダーにもご愛用されています。

富士工業リールシート仕様の自作グリップ製作方法をご紹介

富士工業リールシート仕様の自作グリップ製作方法1の画像

グリップジョイントシステムのシャフト部分に、グリップのベースとなるカーボンパイプを接着

富士工業リールシート仕様の自作グリップ製作方法2の画像

カーボンパイプにアルミパーツ・リールシートを接着

富士工業リールシート仕様の自作グリップ製作方法3の画像

グリップ・エンドパーツを接着

富士工業リールシート仕様の自作グリップ製作方法4の画像

完成!!

自作トラウトグリップ製作方法をご紹介

自作トラウトグリップ製作方法1の画像

グリップジョイントシステムのシャフト部分と、ウッドリールシートのスクリュー部品を接着

自作トラウトグリップ製作方法2の画像

リールシート金具とウッドシートベースを接着

自作トラウトグリップ製作方法3の画像

カーボンパイプをリールシートに接着し、グリップとエンドパーツを接着

自作トラウトグリップ製作方法4の画像

完成!!